*読書日記*

読んだ本忘れないために!

🚩1/1-1/4 読書期間

 

『恋火』

田中渉さん

 

f:id:readstory:20190105214241j:image

 

 

新年明けましておめでとうございます。

久々の投稿になってしまいました。

 

この作品はどこの本屋にも取り扱いが無く、

出版社に問い合わせて貰いましたがもう取り扱いがなくまさしく絶版状態で探すのも諦めていましたが、なんと仕事帰りの古本屋で見つけるという奇跡が起きてしまいました。

 

なのでじっくり大切に読ませていただきました。

 

********************

 

リストラになったピアニストと健太町を元気づける為に活動している香夏子の二つの話が交錯しているストーリー構成になっています。


ピアニスト健太はある女性ピアニストの演奏を聴いたのをきっかけにピアニストを目指しましたがリストラに遭い安い居酒屋で酔い潰れていました。


記憶も曖昧のまま出会ったのはアロハシャツを着た謎の男でした。彼は「天国で本屋を営んでいる」と、意味不明な説明をし勝手にその場で彼を採用しました。


早速働き始めた健太ですが、お仕事は読み聞かせなど単純なものでした。
ある時一人の女の人がふらっと訪れて読み聞かせをお願いしてきました。


読み聞かせの途中で苦しみ始め耳を塞ぎこむ女性…この女性はピアニストでした。

 

 

********************

 

昔商店街が賑わっていた頃小さな花火大会が行われてました。その花火大会は特別なもので、その花火を見たカップルは結ばれるというものでした。その花火の名は“恋火”と呼ばれており人々からも人気があり愛されてました。


ですがある日を境に花火大会は無くなってしまいます。


町の商店街はビルが建ち始め、廃れていっていました。なんとか町を活性化させようと実家で飴屋を営む香夏子が立ち上がります。「また恋火で町を活性化させよう」と…


香夏子は恋火をつくり上げた職人に出会いますが「もう作ることは出来ない」といいます。

 

なぜ⁇その理由は、花火の職人さんと女性ピアニストお互いの理由にありました。

 

 

********************


思いはすれ違っていたというか、勘違いというか、、。


現世と天国場所は全く違う所ですが、最後はお互いの思いが届いていることを祈るばかりでした。

 

誰かの為を思って仕事をすることで、周りの見え方も変わってくるということ。


誰かを思う気持ちを大切にし、誰かのために何かをすることが、こんなに素敵なことなのかと実感させられる作品でした。



 

🚩12/1-12/2 読書期間

 

『鏡の中の弧城』

辻村深月さん

 

 

f:id:readstory:20190105213718p:image

 

辻村さんは凍りの鯨以来です。自分でも合わない作家さんだなーと思っていて読むことはもうないなとは思ってましたが…


妹から誕生日プレゼントでこの本を貰い読んだ後この思いは払拭されてしまいました。


率直な感想で言うと、もう一度読みたい。


ミステリーを読んでいるような、おとぎ話を読んでいるような錯覚に陥ります。


小さい頃童話をよく読んでいた人には話の展開が分かってしまうかもしれません、


主人公は学校に行けてない生徒達が、集められます。


主人公達は鏡の中が光その中へ招待されます。


その中はおもちゃのお城のようで、それぞれの主人公達に部屋が分け与えられていました。
ただ一人このお城に住むおおかみ様が主人公たちに「5時以降にこのお城に居たら喰われてしまう」と言うのです。


お城には願いが叶う鍵が隠されており、
それを見つけることで自分の願いを叶えられると言いますが、ここで過ごした城のことは忘れてしまうといいます。


期限は3月30日…
それ以降は城も閉まってしまうと言うのです。


主人公達は何らかの理由をかかえてここに招かれました。


しかし、主人公達には同じ共通点があるにも関わらず何か話が噛み合わない。


…。

 


言語能力が無いのでうまく表現出来ませんが、

 


まるで次元を越えたゲームをしているようで、自分も操られているのではないかと思う程ワクワクさせられました。


あー成る程これが本屋大賞か、と久々に満足できる作品に出会えました。

 

 

🚩11/4-11/14 読書期間

 

神様のカルテ

夏川草介さん

 

f:id:readstory:20181115232922j:image

 

 

初読み作家さん

 

地方のお医者さん一止が主人公

 

古いアパートに住んでいて奥さんは細君、カメラマンさんです。

 

アパートの住民との関係性やら病院で患者と向き合う姿、恋愛要素も少しあって読者を飽きさせません。

 

医療系の物語は病院内での出来事だけしか書いていなかったりするイメージでしたが、短編短編でジャンルが色々混ざっていたので、次、次と楽しむことが出来ました。

 

このシリーズは何巻かまだあるので機会があればまた読んでみたいです。

 

 

 

 

🚩10/17-11/3 読書期間

 

『嫌われる勇気』

岸見一郎さん

 

f:id:readstory:20181103134836j:image

 

久々の投稿になってしまいました。 

 

仕事を通じて知り合った研修の先生からオススメされた作品です。

 

今まで読んだことない系統の本だったので思っていた以上に読むのに時間がかかってしまいましたが…

 

読んだ後にスッと気持ちが軽くなりました。

 

なんだか、自分が生まれ変わったような気分を味わうことが出来ました。

 

題名からして手に取りづらい本だと思いますが、何故だか自分の悩みがちっぽけだったんだなと思える程でした。

 

全ての悩みは“対人関係”と繋がっているそうです。

 

特に衝撃を受けた言葉がありました。

 

今失敗して落ち込んでいるのは、過去のせいだ…あの時ああしてれば…あの人がああだからと…人はどうしても成功出来無い理由に結びつけてしまいがちです。

 

しかし哲人はこう言いました。

 

“単純に一歩踏み出すのが怖い、また現実な努力をしたくない。いま享受している楽しみー例えば遊びや趣味の時間ーを犠牲にしてまで、変わりたくない。つまりライフスタイルを変える「勇気」を持ち合わせていない。多少の不満や不自由があったとしてもいまのままでいた方が楽なのだ”〜作中より〜

 

言うな…と思いました。

 

青年と哲人の会話で描かれている本書ですが、まるで自分に言い聞かせているようで。

 

言葉では上手く伝わらないかもしれませんが、これがまた凄いんです。

 

哲人が青年に投げかけた一つ一つの言葉が胸にささるのです。

 

言葉の力にこんなに救われる自分がいることに驚きでした。

 

 

今憂鬱な気分だ。自己嫌悪に陥っている人に是非オススメな一冊です。

 

もっと早くこの本に出会ってれば良かったです。

 

研修の先生に感謝したいです。

 

 

 

🚩10/9-10/17 読書期間

燃えよ剣 上巻』

司馬遼太郎さん

 

f:id:readstory:20181017211553p:image

 

 

壬生義士伝」を読んでから、新撰組についてもっと知りたくなってしまい時代物ばかり読んでいる気がします。

 

あれ程時代物を敬遠していたのに不思議なものです。

 

一度ハマるとやめられないとはまさにこのことを言うんだなと思いました。

 

今回手に取った作品「燃えよ剣 上巻」は新撰組のファンにはたまらない作品らしく、評判も良いみたいだったので迷わず購入してしまいました。

 

主人公は新撰組副局長土方歳三さん。

 

壬生義士伝では剣が強いイメージとしか印象が残りませんでしたが、この作品は土方歳三さんを中心に描いているので知らない性格を存分に把握することが出来ました。

 

局長の近藤勇さんの右腕だったとか…

 

喧嘩が好きで、荒々しい性格な土方歳三さんですが、時に俳句を詠んだり可愛らしい姿も垣間見えたり、なんだか意外でした。

 

新撰組に対しては強い組織にする為に何より考えていて、逞しい人だったなと感じられました。

 

特に印象的に残ったシーンは沖田総司さんと土方歳三さんの会話のシーンです。

 

土方歳三さんの性格を何より理解している沖田総司さんとの会話が笑えるのです。

 

2人は兄弟のようで、でも沖田総司さんも剣が強くて、、

 

主人公は土方歳三さんなのに、沖田総司さんの無邪気で陽気な性格が個人的に好きになってしまいました。

 

沖田総司さんの影響で土方歳三さんの良い所が見えてきたのかなという感じでした。

 

引き続き下巻も読みたいと思っています。

 

🚩10/6-10/8 読書期間

『影法師』

百田尚樹さん

 

f:id:readstory:20181009070540j:image

 

 

壬生義士伝に続き、また時代小説です。

 

百田尚樹さんの作品はどの作品を読んでもジーンと来てしまいます。

 

特にフォルトナの瞳とプリズムの切なさはどの作品にも負けないと思います。

 

今回百田さんの作品で時代小説を読むのは初めてでした。

 

時代は江戸時代、茅島藩の下士に生まれた勘一郎が主人公です。

 

父は釣りに行った帰りに勘一郎が上士に逆らったことを父が庇ったことにより事切れます。

 

その時に出会ったのが彦四郎でした。

 

彦四郎は剣が誰よりも強く才能に恵まれていました。

 

下士の勘一郎は虐めにあっていましたが、彦四郎には気を許せるのでした。

 

彦四郎の影響で藩校でも気を許す友達が出来ます。

 

数年後、勘一郎は実力が認められ上士になるのですが、一方の彦四郎は貧しくひっそりと暮らさなければならない境遇に陥ります。

 

 

何故藩校で優れていた彦四郎がこのような生活を余儀なくされなければならなくなったのか?

 

 

その理由を勘一郎が知ったとき既に時は遅く、

自分の不甲斐なさを感じるのでした。

 

他人に幸せになってもらいたいの思いで、自分よりも友情を取る彦四郎の思いに胸が熱くなりました。

 

彦四郎が友情を取らず違う生き方をしていたらと考えると、この物語の立場はどうなってしたのだろうと考えると、なんというか、おぞましさを感じてしまいました。

 

2作品目の時代小説ですが、武士の生き方というのが、不思議で、なかなか分からないでいる自分でした。笑

 

 

 

 

 

 

 

🚩10/1-10/5 読書期間

 

壬生義士伝 下巻』

浅田次郎さん

 

f:id:readstory:20181006072302j:image

 

 

上巻に引き続き下巻を読んでいました。

 

新撰組の隊員であった吉村貫一郎の繋がりがあった人達から浮かび上がる人物像。

 

国元にお金を送る為に、自分は何ひとつ贅沢はしない。奥さん、息子さん、娘さんの為を思えば人を殺すことさえ躊躇しない。

 

ですが、35歳という若さで亡くなってしまいます。彼は鳥伏見の戦いで心身共にボロボロとなりかつての親友大野次郎右衛門を訪ねるのですが、彼は貫一郎に切腹を命じます。

戦いでボロボロになり切腹という境遇の中でも思い出されるのは、彼の家族でした。

 

 

息子の吉村嘉一郎は「脱藩した父から送られた銭で育った…」と自分を責めている風に書かれていますが、本心は全く違うものでした。

 

会えなくても、誰よりも家族を思う貫一郎でしたが、彼の思いは息子、娘たちにも届き、父親の愛情を感じるのでした。

 

今まで時代ものを避けてきました。

 

この良さをどう伝えれば良いのかわからず、文章に上手くかくことが出来ません。

 

が!!これは、人生をガラリと変えてしまう程の作品でした。

 

全国の父親達に是非読んでほしいです。

 

おもさげながんす。