*読書日記*

読書記録

🚩5/2-6/13 読書期間

 

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

 

村上春樹さん

 

f:id:readstory:20190615074232j:image

 

久々の投稿です、この前に読んでた作品で挫折したので、ブログの更新が滞ってました。

 

今回は知人の勧めで読んでみました。

実は一回村上春樹さん挫折してます。

 

ですが、今回は無事に読了です。

 

主人公は色彩を持たない多崎つくる。 彼は学生時代親しい友人が4人居ました。 その友人にはみんな色がありました。

 

あか あお しろ くろ

 

しかし、ある日つくるは友人から縁を切ると言われ、切られる覚えもないつくるは絶望感に襲われます。

 

数年経ち、彼は沙羅という彼女が出来ます。 沙羅は彼が精神的に問題があることに気づき、 つくるはその要因が学生時代の友人に縁を切られたことを打ち明けます。 沙羅はつくるに、縁を切られた要因を調べた方が良いことを告げます。精神的要因があるつくるとは関わりづらいと…

 

つくるは過去の仲間に会うために名古屋、フィンランドに向かいます。

 

 

結局、誰がどうしたのか分からず、曖昧なまま終盤へ、つくるはその後どうなってしまったのか?

 

 

最後はモヤモヤ感が残りました。 どうにかして結末をはっきりさせたい、 と思いネットで検索。 あっ…そうなのかと思い知らされました。 この作品は推理小説だったみたいです。

 

確かに、今思い返してみれば会話に不自然な点が多かったなと思いました。 勘が良い人は読んで直ぐに理解してしまうかもしれません。

 

作者は何を伝えたかったのか、いまいち理解に苦しみましたが、作品には書かれていない実は想像を絶するような展開が待ち受けていたなんて…

 

読者に考えさせるのが上手い作家さんな気がします。 二度読みが楽しめる作品だと思います。

 

村上春樹さん違う作品も読んでみたくなりました。

 

 

🚩4/15-5/1 読書期間

 

「そして、バドンは渡された」

瀬尾まいこさん

 

f:id:readstory:20190502123954j:image

 

 

初読み作家さんです。

 

本屋大賞一位を取られたみたいですね。

それで初めて瀬尾さんを知りました。

 

*******************

 

 

主人公は森宮優子

 

主人公の親は実の父親も母親も居ない。

 

森宮壮介さん

優子は実の父親でない彼を森宮さんと呼ぶ。

 

優子の父親は何度か変わり、母親も何度か変わるのですが、最終的に森宮さんと過ごしていく生活に落ち着くのでした。

 

森宮さんは梨花さんという(優子にとって2人目の母親)と結婚するのですが、梨花さんはすぐに行方が分からず失踪してしまいます。

 

森宮さんは血が繋がっているわけでもない優子を1人で育てあげていくのです。

 

優子自身も森宮さんとの関わり、実の親ではないという葛藤と向き合っていきます。

 

優子にとって“親”とは何なのか?を考えさせられます。

 

優子が立地に成長した時には出会ってきた親達の温かさを知ることとなります。

 

********************

 

家族の温かさが感じられる作品でした。

 

“子供は親を選べない”と言いますが、何度も変わってしまう親に優子も戸惑い我慢し耐えてきたのだと感じられます。

 

この作品で優子が大人びている理由も分かる気がします。

 

ですが、素晴らしい大人になっていく優子には、大人達から学んだことや、森宮さんの影響があるのだと思います。

 

実の親とは…

 

例え血の繋がりが無いどんな親であっても、

育ててくれた親が実の親だと思いました。

 


“本当に幸せなのは誰かと共に喜びを紡いでる時じゃない自分の知らない大きな未来へとバトンを渡す時だ。”         〜作中より〜

 

 

未来に希望が持てる作品です。

 

流石は本屋大賞!!

 

f:id:readstory:20190502230530j:image

 

愛情のこもった作品でした。

 

🚩3/27-4/14 読書期間

 

『マーダーハウス』

五十嵐貴久さん

 

f:id:readstory:20190414173933j:image

 

五十嵐貴久さんの新刊サイコミステリー

 

 

 

 

もうこれは買わなきゃと思い発売日当日に本屋に直行しました。

 

 

 

読んだ後の率直な感想…

やはり期待を裏切らないなと。

 

 

 

お城のようなシェアハウスに美人美男が集まった。しかし家賃は格安。

 

 

何故⁇

 

 

主人公の理佐は大学に入学してからシェアハウスで普通に過ごしていました。

しかし、何かが変だと気づきます。

 

 

 

誰かに見られているような、自分の部屋のものの位置が変わっていたり…

 

 

 

違和感はこれだけではなかったのです。

 

 

 

シェアハウスの住人が行方不明になったり突然死したり数々の不可解な出来事が起こるのです。

 

 

 

まるで家族のようなシェアハウスの住人だったのに…

 

 

 

一体なにが?

 

 

 

 

 

リカに続くくらい、ゾワッとしてしまう作品です。そして、最後には読者も想像しないような展開が待ち受けています。

 

 

 

 

こんなシェアハウス住みたくないです。

 

 

 

 

シェアハウスを題材にした小説は賑やかで楽しそうなイメージがありますが、これをサイコホラー小説に変えてしまう五十嵐貴久さん。凄い…これが読者から人気の秘訣なのかもしれません。

 

 

 

 

面白かったー。続きがあったらいいのにと思ってしまうほどでした。

 

🚩3/16-3/26 読書期間

 

『麦本三歩の好きなもの』 

 

住野よるさん

 

f:id:readstory:20190325203414j:image

 

大好きな作家さん。

 

待望の6作目。

 

 

 

全作読むほど好きなのです。

 

 

 

 

青春系が多い気がしますが、今回の作品はほんわかした感じで、図書館員の三歩の日常を描いたお話になっています。

 

 

 

 

三歩の天然さといい、適当さといい、笑える部分が多く、なんだか自分と重ねてしまう程でした。

 

 

 

三歩の行動、話し方、全てに癒される。

 

 

 

日常の些細な幸せも気づかず忘れがちですが、

三歩はその些細な幸せを読者に伝えてくれます。

 

 

 

 

“折り返し地点なんてきっとない。今日も前に進んで行かなくちゃ、今日これから起こる楽しいことを味わえない。”〜作中より〜

 

 

 

 

 

成る程と思いました。

 

 

 

この作品には三歩の好きなものが沢山描かれています。

 

 

 

 

好きな物を大事にし、些細な幸せも喜びに変えてしまう三歩。

 

 

 

同じ20代として、三歩から良い刺激を受けました。

 

 

 

三歩シリーズまだまだ読みたいです。

 

 

🚩3/4-3/15 読書期間

 

『傲慢と善良』

辻村深月さん

 

f:id:readstory:20190316190502j:image

 

 

表紙で惹かれてしまいました。

 

恋愛小説なんて久々に読んだ気がします。

 

 

恋愛に関しての心理描写が上手く、痛い程共感してしまい、主人公の彼女に感情移入してしまうほどでした。  

 

 

 

*********************

 

今まで親から可愛いがられ、可愛がられるあまりに自分の人生がいつの間にか親の思うままになってることってあると思います。

 

結婚相手まで親に決められると考えると流石にうんざりしてしまいますよね。

 

親に心配かけたくないからと親の顔色をうかがって生きることって非常に行きづらいことだと思います。

 

それが失踪した彼女真実の生き方でした。

 

ある時意を決して東京に出てきた真実ですが、

そこで、“真実自身”が良いと思う相手架に出会います。

 

そこで真実は架に、自分にストーカがいることを打ち明けます。

 

“彼女を守る”

架は真実との結婚を決めますが、いざ結婚式迎えようとしている前に彼女が失踪してしまうのです。

 

何故彼女は自分の前から姿を消してしまったのか⁇

 

手がかりは何もありませんでした。

 

架は失踪した真実を見つける為彼女の過去を探っていきますが、そこで彼が知らなかった彼女の過去が明らかになってきます。

 

タイトルにある“傲慢と善良”

この2人の物語にぴったりのタイトルだなと感じました。

 

恋愛にしても何にしてもそうですが、本当に幸せになる為には、他人に流されず、自分で決めることだと思いました。

 

相手に何を求めるのか?

 

人間の欲は果てしないです。人を点数化するのはどうかと思いますが、人間は完璧では無いしある程度の妥協は必要です。

 

自分と向き合う相手のことをどれくらい理解出来ているのか、上面ではなく内面も理解できることが大切なのです。

 

対人関係における信用とは…を深く考えさせられる作品でした。

 

 

 

🚩3/1-3/3 読書期間

 

『リハーサル』

五十嵐貴久さん

 

f:id:readstory:20190303223552j:image

 

待ってました。と言わんばかりに、待って、待ちわびた作品です。

 

リカシリーズ4作品目。これ以上面白い作品は無いんじゃないかってくらいハラハラさせられる小説です。

 

五十嵐貴久さんにハマったのもリカの影響です。

 

さて、リハーサル。

今回もリカが暴走します。

 

リカシリーズを読む度に女って怖いって思ってしまいます。

 

半落ち着いてるなと思われるリカですが。後半はもうやめてくれってくらいにリカの暴走が…違う意味でドキドキさせられます。

 

一言でいえば、

 

“気に入らないものは目の前から排除”って感じですかね。

 

 

なんというか…表では見せないだけであって誰でもリカみたいな部分を持っているのでは⁇と考えてしまう私でした。

 

流石に、排除しようとまでは思いませんが…

 

好きな人を取られるのは誰でもいい気がしないですし、好きになってしまったら他の物が目に入らないで暴走するってことは少なからず自分にもあるなとリカに共感してしまいました。

 

自分は読書するのに時間がかかるタイプですが3日で読めちゃいました。

 

それくらい寝る間を惜しんでまで読みたくなる作品です。

 

 

ちょっとハラハラした作品が読みたい時に全力でおススメする作品です。

🚩2/11-2/28 読書期間

 

神様のカルテ 2』

夏川草介さん

 

f:id:readstory:20190303222213j:image

 

 

1に続いての2巻目

 

今回は新しい登場人物が出てきます。

 

学生時代の一止の友人が…

 

前半はこの二人のやり取りが面白すぎて、スラスラ読めてしまいます。

 

そこまでするか…って出来事も。

 

そして気になる後半は神様のカルテお馴染みの感動シーンが待ち受けています。

 

ある人の最期を見届ける為細君が考えたアイデアを一止が本庄病院内の仲間に協力を求め無理を押し通してある事を成し遂げます。

 

これがまたジーンと来ます。

 

悲しいジーンも多々ありますが、神様のカルテを読むとなんだか、優しい気持ちになれるので好きです。

 

 

 

最近また新刊が出たと聞きました。

 

 

なので3巻→新刊と引き続き読んでいきたいなと考えています。